「ゆっくりゆっくり焦らず慌てず」お互いに幸せになれるHのやり方

男性の目線として相手に喜んでもらうこととして、まず行為の前に良い雰囲気の中で楽しんでもらうことが必要であると思います。

例えば食事であったり、どこかのテーマパークに行って遊んだりすることです。
楽し気かつリラックスした雰囲気が作れれば、最初から幸せを感じながらHできると思います。
つまりデートの段階からある程度の下準備は必要かと思います。
手を繋ぐなどの軽いスキンシップができる間柄になっているのであれば、非常に有効なので使っていくべきだと思います。

パートナーの気持ちになって考えよう

あとは相手がどんなデートを望んでいるか、どんなものが好きかを予め知っておいてそれに向けて準備したりすることもあります。
好きなものを知っていてくれる、用意してくれるということに対して幸せを感じてくれる方は割と多いように思います。

そういう愛情を感じてもらえる具体的な行動があるとより幸せなHができます。

デートや食事に誘ったり、どこかに行ったときに最初から下心が透けて見え、言葉の端々に下ネタを隙あらば挟み込むと相手は身構えてしまいます。

これは男性目線で見ても気持ち悪いですよね。

とはいえ、相手をその気にさせたり、Hまでもっていきやすくするために多少の下ネタを用いることも有効になりうるときもあります。

空気を読む、といっては月並みな表現になってしまいますが会話の中で生々しくならずスマートに織り交ぜられるのであればいいのではないかと思います。

女の子もエロい生き物です

相手の目線、立場に寄り添いながら冗談っぽく言えれば相手も乗ってきやすくなると思います。
一番楽なのは二人でお酒を飲みに行って、アルコールが回って少し気分がよくなった時だと思います。

お酒の力を借りることに対してプライドが許さないという男心もあることも事実です。

ハグをして幸福感に満ち溢れる

また女性に喜んでもらう方法として、ハグは非常にいいと思います。

最初から胸などを触るのではなく、ゆっくり慣らしていくようにスキンシップをしてあげると幸せを感じてくれるようです。

特にハグに時間を取って、体温を温めてからHに入っていくと喜ばれます。

人間の身体は不思議なもので、体温が上がった状態であれば興奮しやすくなるのだと思います。それを利用していつもはしないプレイに挑戦してみるのもいいかもしれません。

もし聞けるのなら、どんなものに興味があるのか女性側に軽く聞いておくのもいいのではないかと思います。実はコスチュームプレイやソフトSMに興味のある女性は少なくないと思います。

マンネリ防止にも良いかもしれませんね。

リラックスできたらいよいよ本番

Hをするときにポイントになると思っていることは、まずはリラックスして安心してもらう雰囲気作りをすることだと思っています。

決して乱暴にならず、相手を可愛がってあげることが大切だと思います。またちゃんとコンドームもつけることです。

以前女性の友人から平気でコンドームをつけずに挿入しようとしてきて怖い思いをしたということを聞いたこともあります。

それではせっかく途中まで気持ちよくしていたHが台無しです。避妊をする、出来ないようにすることは男の仕事です。女性側もそういった認識です。

幸せなHをするためにもしっかりコンドームを用意することが重要です。

Hの時の注意点

Hの時に気を付けていることとして、相手の反応を見るということを心がけています。
本当は嫌だけど、言えない。あまりそこは触られたくないけど我慢するしかないという女性もいます。

違和感があったり、気になったら一言大丈夫?と声をかけてあげることも必要かと思います。

特にあそこを舐められたくない女性も中には存在します。同時に激しいプレイを嫌う方もいます。

AVのようなプレイにあこがれる時もあるかもしれませんが、お互いが幸せなHをするときは控えたほうがいいかもしれません。

またフェラチオをしてもらいたい男性も多いと思います。

これに関しては、不思議としたい女性はこれまで多かった気がします。とはいえシャワーを浴びないまましてもらおうとする方も中にはいるようです。

衛生的にもしてもらう時はまずシャワーを浴びてからでないと幸せなHは望めないのではないかと思います。

 

年上女性との初Hはこちらのページを参考にしてみてください。

男の自信を取り戻すためのサイト「増大王」

https://confidence-men.net/

 

お風呂でイチャイチャ

湯船でイチャイチャするのが好きな方もわりかし多くいらっしゃるのでホテルの大きいお風呂に一緒に入って楽しむのも一つの方法かと思います。

また慣れてきたらおもちゃを使ってみるのもありだと思います。

ただ、これも雑に扱うとけがをしたり痛かったりすることがあるようなので、最新の注意を払って使っていくと幅が広がると思います。

 

まとめます

いろいろ書きましたが、結論として女性と愛情のあるコミュニケーションやスキンシップをすることが、最も幸せなHをするのに必要なことだと思います。

また相手を安心させてあげることは中でも非常に重要なことだと思います。

不安な中では身体もこわばってしまって、自分も相手も結局気持ちよくなれずに終わってしまいます。
それは非常に寂しいと思います。

【俺考案】彼女をイカせる心理テクニック

男性が女性とHをする時は、自分が気持ち良くなることばかりを考えてしまいがちだ。それが目的でHをするのだから、自分本位にHをするのは決して間違ってはない。だがそればかりでは、女性をイカせられないと俺は思う。Hは女性とできる体と体のコミュニケーションで、男性は誰でも女性を気持ち良くイカせてあげたいと思っているはず。そしてそのためには単にHのテクニックばかりではなく、心理テクニックが重要だと俺は考えている。そこで彼女をイカせるための心理テクニックを考案してみたので、良ければ参考にしてもらいたい。

彼女をイカせる心理テクニック

彼女をイカせる心理テクニックと大きく言ってはみたものの、よく考えたらHとは非常にシンプルな行為だ。確かにプロセスはあるけれど、基本的には感情をぶつけ合う行為だよね。ではどういう言葉をかければ彼女が喜ぶのか、それをまず考えてみて欲しい。これはHの時に限らず、普段の付き合い方にも通じることだ。俺の経験則に過ぎないが、女性は男性が思っている以上に褒められることに弱い。褒められると急に女の子っぽくなり、必要以上に女を出そうとするものだ。

 

そこで心理テクニックとして駆使していきたいのが、彼女を大げさなぐらい褒めるということだ。男性からすれば「これは甘過ぎるのではないか」と思えるぐらいストレートな褒め言葉をかけてあげることが、女性の気分を高揚させるのに一役買ってくれるはず。男性から褒められて女であることを強く自覚させれば、それだけイキやすくなると俺は思っているよ。

効く人には効くけど万人に効果があるわけではない

あくまで心理テクニックだから個人差はあるだろうし、すべての女に通じるわけではないだろうけどね。シンプルイズベスト、そんな心理テクニックが褒めるという行為だ。褒める時の言葉は「かわいい」「綺麗」のようにわかりやすくストレートなワードをチョイスするのが良いだろう。あまりまわりくどい褒め方をしても、しらけてしまうだけだからね。女は理論より感情で動くタイプだから、感情が伝わるように褒めてあげるとテンションが上がりやすいと思う。

 

彼女の喜びそうな言葉を、普段から探っておくと良いだろう。その言葉をここぞというときに褒め言葉として使えば、至上の喜びを感じてくれる可能性は高いと思うよ。その気分のままにイッてくれれば大成功だし、そうなったら男性としてももちろん嬉しいよね。彼女をシンプルに褒めるって簡単なようでいて難しいことだけど、彼女のためだと思って頑張らないといけないね。

 

M系女に通用しやすいと思うイカせる心理テクニック

 

もう1つの心理テクニックは、主にM系女に通用しやすいと思うイカせる心理テクニックだ。男女はSMでタイプを分けられると思うけど、M相手の女にはやっぱり責め系のプレイがイキやすいと思うよ。Sっ気の強い男性なら、もうすでに実践していることだろう。SMプレイというと特殊なプレイなように感じてしまうが、Hの時は程度の差こそあれSMプレイっぽくなっている時はあるんじゃないかな。

 

そしてタイプがハッキリとわかっていれば、相手を喜ばせるのはそんなに難しいことではない気がする。たとえばM相手の女には、ちょっとやり過ぎなぐらいSなプレイで追い詰めていくような感じが正解だと思う。

 

優しい男性はそこまでなかなかできないかもしれないが、あくまでプレイの一環だからね。そこは割り切っても大丈夫なはずだよ。むしろそれで彼女が喜んでもらえるのであれば、率先してやっていかないと満足してもらえないかもしれない。

 

それではどうしても淡白なHになってしまうから、思い切ったプレイをしていくことは大事だ。

そしてプレイで女性に喜んでもらうなら、やはり相手の感じやすい部分をみつけてそこをさりげなく愛撫していくことだろうね。そうすることで、女性は理解されていると思って気分を盛り上げてくれるかもしれない。

 

男性が興奮しているのに反して女性はわりと冷静にHに臨んでいることも多いから、女性の感じやすい部分を探っていくのはちょっと難しいかもしれない。だけどこっちがとにかく頑張ろうとさえしていればその意は汲んでくれるはずなので、心理的に女性の気持ちを1度盛り上げてしまえば喜ばせやすくなるんじゃないだろうか?

うまい駆け引きが満足度を左右する

そのあたりはハッキリ言って駆け引きになるからそう上手くはいかないだろうけれど、女性の感じやすい部分を探り当てられれば後は愛撫するだけだ。その方法で彼女がどんどん気持ち良くなってくれれば、イキやすくなるんじゃないかな?

Hの時彼女に喜んでもえるかどうかは、やっぱり男性の態度やプレイのやり方によって変わると思う。一番大事なのは気持ちだと思うけれど、褒めたり、SMプレイをしたり、感じやすい部分を愛撫したりなど、ちょっと工夫することによって女性の心を効果的に盛り上げられる。

 

女心が難しいのは確かだが、だからといって最初から諦めていたらダメだよね。男性の工夫と頑張り次第で、女性はイカせられるはずだよ。

「挿入しても気持ちよくない」原因は俺?感じない彼女を気持ちよくさせる俺の技

好きな彼女とエッチをしていて陰茎を膣に挿入しても以前より「気持ちよくない」と感じる方はいませんか?私自身もその様な経験はあります。彼女とのエッチをしていても気持ちよさが前よりもない時がありました。コンドームのせいなのかなと思い薄いタイプのコンドームにした時もあります。

「気持ちよくない」と感じる方はいませんか?

しかし、効果はありませんでした。自分自身も気持ちよくない時もあれば、彼女やパートナーの方も気持ちよくない事もあります。陰茎が何故か気持ちよくない原因はいろいろあると思います。例えば、不感症になってしまった、相手の膣の締まりが悪くなってしまった、愛情が無くなって心理的に気持ちよさが失われてしまった、プレーに飽きてしまった、身体が疲れている、などなどですが今まではエッチをして気持ち良かったのに何故か急に物足らなくなってしまう。

 

陰茎への刺激が減ってしまう、この様な事を経験した方は多いかと思います。ここでは物理的にエッチの気持ちよさが無くなってしまった原因と対策を考えていきたいと思います。そもそも物理的に気持ちよさが低下したりすると言うことはどういう事なのでしょうか?

気持ちよさが無くなってしまった原因と対策

例をだしますと

  • 陰茎の硬さがなくなってしまった・
  • 彼女の締まりが悪くなってしまった・
  • お互いの動作そのもの(腰を振る動き)が鈍くなってしまた

体重が増減して何か前と違う感覚になってしまった、などでしょうか。

 

陰茎の硬さや膣のしまりなどは年齢によって衰えてきてしまうので致し方がありませんが、それらの対策は幾つかあります。男性で言うと皆さんもご存知の方も多いいとおもいますが、バイアグラなどの薬やマムシドリンクといった精力剤を服用する事で、男性器に今までの硬さや持久力を回復させるやり方です。男性はこれらで対策はできますが、女性の場合はどうなのでしょうか?

「膣トレ」と言うトレーニング

 

膣のしまりを回復させる事が出来るのでしょうか?調べてみますと「膣トレ」と言うトレーニングがあるらしく、骨盤底筋を鍛える事によって膣の締まりがアップする様です。

 

この方法は知りませんでして、後で彼女に教えてあげたいと思いますw。「膣トレ」の詳しいトレーニング方法はネットなどで調べてみてください。

 

次にお互いの動作が遅くなり気持ちよさが無くなってしまうという事ですが。極論でいうと好きという気持ちそのものが冷めてしまっているのが一番の原因の様な気がします。

 

お互い愛が深ければ、おのずと激しいSEXとなるでしょうし、お互いを思って相手を気持ちよくさせたいと思うでしょう。なのでこれは心理的原因からくるもののほうが大きいかもしれませんね。心理的でなく動作が遅くなると言うことは体重などの増減が原因という事だと思います。エッチはある意味運動と同じですから、体重が重かったり体力が無けれ速く動けません。

 

これらの対策は日々の努力しかないと言っておきましょう。ちなみに、私も冒頭で気持ちよくないと感じる時があったと書きましたが、私の場合の原因は体重が重くなり腰を動かしにくくなってしまった事にありました。

腰をガンガン動かしても全く問題なかったのに・・

若い時は腰をガンガン動かしても全く問題なく膣に挿入して動かせますが、年齢や体重の増加で腰を動かしにくくなってしまった様です。なので気持ちよくないのだと推測しました。そこで私の技というか、その時の対策として単純に体重を落とすという事と腰の動きの可動域を増やすという事を実践しました。

 

腰の動きをよくするには腹筋をしてストレッチなどしてスジを柔らかくしました。後は立って腰をグルグル動かすなどもしました。しかし体重はなかなか落ちません、気持ち痩せたかなというところでしょうか。

若さは時に犯罪を犯してしまうこともあるので注意です。

 

第 1 回 児童買春・児童ポルノ被害児童の保護施策

それらのトレーニングを暇な時にやっていたら、幾分腰の動きが良くなりエッチの時も少し気持ちよさが回復した様な気がしました。この他に私なりの技として細かく腰を動かすという事です。細かく動かす事は誰でも実践していると思うのですが、ただ細かく動かすのではなく、相手の動きや反動を利用するというものです。

 

やはり反動や反発しやすいというと、ベットの上がベストだと思います。なので私はベット買う時に出来るだけ反発する物を購入しています。あまりフカフカのベッドでは力が逃げてしまうので、うまい具合に腰も触れませんし、細かい動きが難しいとおもわれます。

 

直接力が反発するものが良いと思います。昔のスプリングタイプのベットの方が気持ち良いSEXには向いてるかもしれませんねwなので布団や床ではそれらの力を利用できません。これらの一連の動作も腰の動きが大きく関わってきます。膣に入れただけでは気持ちよくありませんからね。

まとめ

腰を動かして気持ちよくなるのですから腰の動きは重要です。自分だけでなくパートナーの努力も大切です。エッチの時の気持ちよさが無くなってしまったり、少なく感じていらっしゃる方がいましたら互い少しの努力で気持ち良いSEXライフが送れるのではないかと思います。

男として極めたい!女性が気持ちいいセックスのやり方

男として生まれたからにはセックスの時女性に気持ちよくなってもらいたいものです。

今回は女性が本当に気持ちいいと感じてくれるセックスを紹介します。

とはいっても難しいテクニックやアダルトビデオの男優さんのような激しい動きは一切不要です。

セックスといえばアダルトビデオを教科書にして、激しいセックスをイメージしている男性が非常に多いと思いますが、そんなセックスは女性にとってまったく気持ちよくなくただただ痛いだけです。

もちろん激しいセックスが好きな女性も少なからずいますが、まずは優しくて繊細なセックスを習得しましょう。

心がけとして、部屋に入って最初から部屋を出る最後まで流れを途切れさせないように、そして女性の体に負担を掛けないように、というスタンスで臨むだけです。

まずは雰囲気作りから

意中の女性とようやく結ばれる時、これまでの努力がやっと報われる瞬間です。

ついつい焦って「じゃあシャワーでも浴びてきて」なんてさっさと初めてしまいがちですが、まずは落ち着いてムード作りから始めましょう。

セックスは部屋に入った時から始まっているのです。

部屋を薄暗くしてソファまたはベッドに座って優しく相手に触れます。

この時、すぐにでも胸や局部に触れたくなってしまうのが男心ですがそれはNGです。

ゆっくり髪の毛を撫でながら首筋や耳に優しく触れてあげます。

太ももや背中、首筋やうなじを優しくなぞってあげるのもよいでしょう。

「かわいいね」とか「大好きだよ」といったセリフを耳元でささやいてあげるとグッと盛り上がります。

女性はキスが大好きですからとにかくたくさんキスをしてあげましょう。

ここでしっかりと時間をかけて雰囲気を良くしてあげるとこの先の展開が全然違いますよ。

充分に焦らしたら胸やクリトリスといった性感帯を、じらすように下着の上から優しく触ってあげましょう。少しだけ下着を捲って刺激してあげるのも効果的です。

一緒にお風呂に入ってみよう

ムード作りが終わったらセックスする前に必ずお風呂に入りましょう。

もちろん部屋に入るなりお互いを求めあうような激しいセックスもありですが、女性はまずお風呂に入って体をきれいにしたほうがセックスに集中できます。

「もしかして私、汗臭いかも」なんて気にしてしまってはせっかくのムードも台無しです。女性は非常に繊細な生き物ですから、少しでも気になることがあるとセックスに集中できなくなってしまいます。

ですが、せっかくここまでいいムードになったのにお風呂に入る時に別々に入ってはもったいないです。

ここは浴槽にお湯を張って、二人でイチャイチャしながらお風呂に入るのがお勧めです。

浴槽の中で彼女を抱きかかえながらそのまま挿入してみましょう。女性上位だとベッド上ではなかなか自由が利かずに大変ですが、お風呂の中では水の浮力が働くのでとても動きやすくなります。

 

また浴槽の縁に女性を座らせてクンニしてあげるもおすすめです。

この態勢でクンニしようと思うと自然と女性が足を上げてM字開脚のような態勢になるので恥ずかしさも倍増します。

お風呂の中は音や声も非常に響くので、とってもエッチな気分になれるはずです。

ただし長湯をしてのぼせないように注意しましょう。

ベッドに行く

お風呂から出たらいよいよセックス本番です。

愛撫のテクニックはここでは詳しく触れませんが、まずは自分が気持ちよくなるのではなく、女性にいかに気持ちよくなってもらうか、ということを心がけましょう。女性が気持ちよくなる姿を見て興奮できるようになればOKです。

気持ちが入ると思わず力を入れてしまいがちですが、男性の力は自分が思っているよりも強く、女性にとっては負担になります。まずは軽くなぞるぐらいの力で優しく触れ様子を見るようにします。すべての動作は円を描くような、かつ途中で途切れさせないようなスムーズな動きを意識するとよいと思います。女性の局部は物理的な刺激に弱く非常に敏感ですから、とくに局部を触るときは細心の注意を払いましょう。最初から激しく動かすことはせず、途中から激しく動かす時も時々「痛くない?」と気遣いながら刺激します。

女性が濡れてくるとすぐに挿入に持ち込もうとする男性もたくさんいますがそれはよくありません。女性の局部は濡れてからが初めて感じるようになるのでたくさん触って気持ちよくさせてあげましょう。女性の方から「挿れてほしい」と言うまでは刺激し続けるのが理想です。この時間は相手の女性によってバラバラですから、しっかりとコミュニケーションをとって女性に合わせてあげましょう。挿入した時も「痛くない?」と聞いてあげる気づかいを忘れずに。

最後に

セックスも会話と同じコミュニケーションです。とにかく女性が嫌がることをせず、望むことをしてあげれば自然と気持ちが良いセックスができるのです。出会ったばかりの会話がぎこちないのと同じように、セックスも最初のうちはぎこちないものです。

相手の意見を聞きながら、自分の理想を伝えながらお互いが気持ちよく慣れるように努力していけば自然とお互いが気持ちよいセックスができるようになります。

イメージとしては、まずは女性に気持ちよくなってもらう、その姿を見て自分も満たされる、という順番であり、決して自分が先に気持ちよくなろうとしてはダメなのです。

また相手の女性の体をいたわり、相手に対する敬意をしっかりと払えば、それは自然と女性にとって気持ちが良いセックスなのです。