セックスが気持ちよくない原因と挿入しても気持ちよくない

セックスが気持ちよくない。

挿入しても気持ちよくない。

相手の反応がうすい。

互いに満足できないセックスをやる意味があるのでしょうか?

ネット上では、

  • 男のやり方が激しすぎるだとか
  • 男は女性の気持ちをわかっていない

などの意見が多く、なんだか男に全ての原因があるみたいな感じになってますが本当にそうなんでしょうか。(ちなみに「気持ちよくないセックスの経験ありますか?」という質問には70%以上の女性が「はい」と答えたそうです)

いやいやそればっかりじゃないはずです。女性側にだって原因はあるはず・・・。

目次

  1. セックスが気持ちよくない原因(男ver、女ver)
  2. 男の対策「とにかく試す」
  3. 女をイカせやすくするには

セックスが気持ちよくない原因

どうせなら互いに気持ちよく楽しみたいところ。楽しめない原因を探ってみると、実はその原因、男女ともにこんなところにありそうです。

 

気持ちよくない原因

女性の場合は特に「気持ち」の問題が大きく

男の場合は「身体的な問題」(特に男性器の問題)

が原因となっているケースが多いようです。もちろん男性にだって「気持ち」の問題もあるだろうし、女性にだって「アソコが緩い」などの原因もあるはずですが、こちらでは傾向的として多いという視点で紹介します。

まずは男性側から見ていきましょう。

【男性】セックスが気持ちよくない4つの原因

4つの原因

  1. ちんこのサイズ感が合わない
  2. EDの前兆
  3. セックスに刺激がない
  4. 二人の関係のマンネリ化

セックスが気持ちよくないのは「ちんこのサイズ感が合っていないから」

あなたのちんこはパートナーの膣に本当にフィットしていますか?

いきなり変な質問で申し訳ないのですが、上の問いに答えられない人って結構多いと思うんです。人それぞれちんこの形、大きさ、カリの高さなど様々あれば、女性の膣内だって千差万別ただ外からは見えないだけで様々な形があります。

互いに異なるサイズ感のなかでしっかりフィットしてるよね?という方が珍しいとも言えます。

よく「男女の関係は体の相性が重要だ」なんてこと言われますよね。プレイの嗜好が合わないなどの場合もありますが、挿入しても「ウッ」って感じることができない時は互いのサイズ感の問題が大きいはずです。

太さ、長さ、カリの高さがパートナーの膣と不一致なんです。というか、ちんこが小さいことが原因です。

「本当か?それ?女から小さいなんて言われたことないぞ?」って思われるかもしれませんが、声に出して言わないだけで女性はしっかりそれを分かっています。

挿入しても自分も気持ちよくない、相手も悦んでいない。となるとGスポットやボルチオにちんこが一切触れていない可能性が高いです。手マンでは感じてるのに挿入時は演技っぽいということはそういうことです。

 

 

 

 

 

 

対策としては男性が頑張るしかない

どうせなら自分もパートナーも気持ちよくなりたいです。男のサイズ感が問題であれば男側でなんとかするしかないでしょう。

例えばパートナーに「俺って小さい?」と聞いてもなかなか本音を言ってはくれません。ただ、言われなくとも自分で察知することが大切です。「言われないからいいや」ではいつまで経っても気持ちいいセックスはできないですよね。

 

参考
ペニスを太くする方法今すぐ対応できるやり方
【ちんこを太くする方法】細くて小さい男性器を太くする7つの方法 | 本番5秒前の緊急対応策

ペニスを太くする方法 こんな細長いちんこで彼女を感じさせられるのか… 彼女をヒィヒィ言わせたい。 とにかく次のチャンスを成功させたい。 本来なら、今すぐちんこが太くなる方法なんてあるわけないのですが、 ...

続きを見る

 

セックスが気持ちよくないのはEDの前兆かもしれない?!

EDという病気はご存知ですよね。そういうシーンになっても勃たない、セックスの最中にしぼんでしまうなどの勃起障害です。

近年ではEDの若年化も進んでおり、ED治療クリニックには20代、30代の相談者が増加している傾向にあると言われています。

 

EDの年齢比率20代、30代の男性が多くなってる

医師がEDの悩みに答える Q&Aコーナーがあります。若い方からの質問が多く、世代別では20代、30代、40代が全体の約6割を占めます。また、おおよそ4分の1の割合で女性パートナーからの相談があります。パートナーからは、「さりげなく受診を勧めるにはどのようにしたらよいですか」、「彼に何かしてあげられることはありませんか」など、相手を気遣う質問が多く寄せられています。
EDの悩みは、年齢や性別と関係なく、多くの人が抱えていることなのです。

引用元:EDネットクリニック

 

EDになってしまうほとんどの原因が「加齢」によるものだと言われています。歳を取るにつれて男性ホルモンが急激に減少することで男性機能に障害が生じてしまいます。

また、近年では若い男性の「セックス離れ」も指摘されており、パートナーとのセックスに対する煩わしさなどからオナニーで性処理を完結させてしまう人も多く、そのあたりもED患者の増加に繋がっていると言われています。

セックスを前向きに捉えて実戦あるのみ

なかなか難しいとは思いますが、克服するには実戦を重ねるしかありません。

とは言っても気持ちよくないものを無理やり続けるのは苦行でしかないので、アイテムを使ったり風俗を利用してみたりいろいろ工夫するといいでしょう。

オナニーのやりすぎだけは注意して、生身の女性と向き合うことが大事です。彼女や奥さんがいる方は、二人で気持ちよくなれる方法を模索してみてください。

▼男女共に感度アップ「媚薬ローション」

ラブコスメでセックスはもっと気持ちよくなれる

「マンネリ」パートナーとのセックスに飽きてたらそりゃ気持ちよくないわ

感じないのは単純にパートナーに飽きたからという人もいますよね。または、パートナーのおねだりがきつい(セックスアピールが強い)というのもあるかもしれません。

残酷ではありますが、S気質な男はM気質な女に飽きてしまうのは至極当然のことです。そういう人は風俗や出会い系で息抜きしてみるといいかもですね。(バレた時の保証はできませんが…)

【女ver】セックスが気持ちよくないのは「開放感」の問題とか色々

女性の場合は男よりも複雑です。大きく分けて3つ。

女性が感じない原因

  • 羞恥心が邪魔して心が開放されていない
  • 性感帯が未開発
  • 単純に男のやり方が痛い

恥かしさが邪魔して本気になれてない

女性の場合は男と違って、常に周りから自分がどう見られているかを気にしています。それ故にセックス中でさえ周り(あなたの目)を意識してしまい、恥かしさが前に出て心が開放されないことがあります。

部屋が明るすぎたり、人の気配を感じる場所(彼氏の実家など)では特に意識してしまう可能性があります。ただ、男としてはそっちの方が興奮するのに、女性にとっては萎えてしまう原因となるので難しいところですね。

パートナー自信が自分の感じるポイントを分かっていない

20代後半にもなれば大抵の女性は自分の感じるポイントを理解してるはずですが、セックス経験が浅かったり普段オナニーをしない女性は性感帯が未開発なこともあります。

相手を傷つけないように感じたフリをしますが、実は演技だったということもあります。男にはそれがなかなかわかりません。

力任せになってる「手マンが痛い!」という女性は多い

良かれと思って激しく指を動かしていても、女性にとってはそれが不快だと感じていることが多いようです。


僕らとしては、潮ふかしてやろうとか、グチョグチョにしてヒィヒィ言わせてやろうとか思ってるのに、実は痛かったなんて目も当てられないですよね。

挿入しても気持ちよくないという女性は多いです。そもそも挿入される前から完全に萎えちゃってますからね。

ー執筆後記ー

この後、仲良くなった女性に「手マンで痛い時ってあった?」と聞いたところ「大体の男が痛かった。痛くなかったのはこれまで1人だけ」といってました。で、痛くなかった男は「常に痛くない?大丈夫?」と気遣ってくれたらしく「力加減や感じるポイントを言いやすかった」とも教えてくれました。男性諸君気をつけましょう!合言葉は『大丈夫?痛くない?気持ちいい?』です!

感じない男の対策「とにかく試す!」

冒頭でもお話しましたが、とにかくまんこにサイズを合わしていく方法を試しましょう。一時的なもので試すならペニスサックやコックリング、ペニスカバーなどアイテムとしては色々あります。

金なんか使ってらんねーよっていう人は、「普段の生活からちんこをでかくする方法」なんていうのもあるけど需要あります?一応そういう方法も書いてみたので気になる人はどうぞ。

ちんこをでかくする方法>>

とは言っても方法なんてのはなんでもよくてとにかく、まんこにちんこを合わせていくしかないです。ちんこだけでダメならテクニックでカバーするしかありません。

挿入しながらクリトリスを指で優しく刺激するだとか、Gスポットをピンポイントに攻めるだとか方法はいくらでもあります。10人の女がいれば、10人分の感じるポイントがあるし感じ方も人それぞれ。パートナーの感じるポイントをいち早く見つけて優しくせめてあげてください。

セックスが義務でしかない人の対策

なかには、パートナーの要求に渋々応えるしかないという人もいますよね。女性にには悪いけどそういう人の楽しみ方は、自分の好きな女優とかアイドルを想像しながらハメとかですよね。

あとは、先ほども言いましたが他の女性で息抜きをしてみるのもアリですよ。リアルな付き合いだと色々面倒なことになるのでお金払ってやるか、出会い系とかの割り切り遊ぶくらいになると思いますが。

なかには、子作りのために数日置きに頑張っている人もいるようです。奥さんが妊娠できるまで続くその行為は拷問レベルだという人もいます。たしかに、ヤりたくもないのに苦痛かもしれませんが、できなければ「愛がないからだよ!」と泣き出してしまう可能性もあります。

そういう状態では勃つもんも勃たなくなってしまうので、そこは相談してみましょう。

例えば、「別の部屋で勃起させてくるから裸で待ってて。あんまり嬉しくないと思うけど、疲れちゃうと精子の動きが悪くなるって書いてあったし、とにかく今は子供が欲しいんだ」

夫婦で同じ方向を向いていることをアピールしつつ、ヤルことはヤってとりあえず義務は果たしておきましょう。

精子数と運動率を低下させる生活習慣があります。栄養価の低い食生活、大量の喫煙、大量の飲酒、ストレスや強い疲労感などです。

ダイヤモンドオンライン:「精子に異常あり!増加する男性不妊の実態と対策は

女がイキやすくなる対策方法

女性が感じにくい(イキにくい)原因を上記で3つあげました。

ポイント

  • 恥かしさが邪魔をしてセックスに集中できない
  • 性感帯が未開発
  • 男のやり方が痛すぎる

これらに対する対策は以下のようになります。

【対策1】女性が集中しやすいような雰囲気を作る

女性はどうしても裸をさらすのを躊躇してしまいます。女性というのは、男が思っているよりも自分の体に様々なコンプレックスを持っているもので、右の乳の方が大きいとか、お腹がでてる、へそが可愛くない、おしりがざらざら、毛が多いなど様々です。

女性の気も知らずに「明るいままやろうぜ」とお願いしてみたり、裸を上から下までジロジロ見たりするのはNGです。

恥かしがってる姿を見て、「どうだ?恥かしさでグチョグチョだろ。このエロ女が!」というのは男の妄想にすぎず。女性からしたらただの羞恥心でしかありません。

そうではなくて、

お風呂に入る時は女性から入ってもらう、電気は消して部屋の間接照明程度にする、セックスの時は部屋は真っ暗にして、少し大き目の音楽をかけてあげるなど、女性が集中しやすい雰囲気を作ってあげましょう。

【対策2】性感帯を一緒に探す

経験の浅い女性は自分の性感帯に気づいていないこともあります。

実は「挿入しても気持ちよくない」という女性は意外に多いんですよ。(知ってました?)

なので挿入メインじゃなくて女性の感じる部分を色々探して優しく刺激してあげると悦んでくれますよ。

  1. 乳首
  2. クリトリス
  3. うなじ
  4. 背中
  5. おしり
  6. Gスポット
  7. ボルチオ

などなど女性が感じるところはいっぱいあります。一緒に開発してあげましょう。時にはピンクローターや電マなどやさしく当てるのもいいですね。


挿入は最後の最後まで取っておいて、最中のほとんどの時間を前戯に費やすくらいがちょうどいいんです。男がすぐに挿入してイっちゃうから未開発のまま放置されていくんです。

【対策3】もっと優しく刺激してあげましょう

これは女性の本音を聞けばすぐわかります。男のガシガシ系に関しては散々の言われようです。AVの変な演出のせいで激しくプレイしちゃいがちですが、ほとんどの女性が好ましく思っていません。

マジでもっと優しく刺激してあげましょう。

まとめ:セックスはもっと気持ちよくなる

セックスには男も女も人それぞれ色んな形があります。自分とパートナーが揃ってはじめて成り立つものなので、互いに思いやりをもって接するべきだと思います。

そうすれば、もっと気持ちよくなるはずですよね。


ラブコスメでセックスはもっと気持ちよくなれる

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 「セックス 気持ちよくない!」挿入すら感じない原因は「俺?」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.